サイトのこと

当サイトのこれからの方向性について

更新頻度が著しく低下していることに気づきつつ、なかなか記事をアップしてないまーさんです。書きたいことは山程あるのに、典型的な無計画タイプなので日々のことに追われてあっという間に時間が過ぎていってます。

言い訳はこのくらいにして、今回は「このサイトの今後の方向性」について書きたいと思います。最後までお付き合いよろしくお願いします!

パニック障害のサイトだけど

まずは、当初このサイトで書こうとしてたことについて。

パニック発作を起こしてから、パニック障害者として投薬、減薬、断薬、離脱症状を乗り越えてきたふーさん(現在も引き続きいろんな諸症状に悩んでいますが)と、その様子を10年以上そばで見てきた私まーさん。

パソコンで作業しているまーさん

ふーさんがこれまでに経験してきたことを書いていくことで、同じように苦しんでいる人の参考になればと思っていました。でも、ふーさんといろいろ討論していくうちに、

「自分(ふーさん)の闘病HOWTOを書いていくのもいいけど、支える側のまーさん視点で思うことを素直に書いていったらいいんじゃない?」

というアドバイスをもらいました。

同じ病気の人と比べてしまうジレンマ

たしかに。パニック障害やメンタル疾患の方が発信しているブログやSNSはたくさんあるりますよね。そしてふーさん曰く、パニック障害と自分が診断されてからいろんな情報を探していくうちに「同じ病気の人の情報を見るのが辛くなることがある」とのことでした。

回復していっている人と自分を比較して落ち込んだり、治らない人を見ると自分も治らないんじゃないかと思ったりするそうです。同じ病気で苦しんでいる人と痛みは分かち合えたとしても、本当の目的は「治りたい!」「良くなりたい!」「動けるようになりたい!」なんですよね。

パソコンで作業しているふーさん

そして、体調が改善する方法は人それぞれ合う合わないも大きい。

だからこそ、同じように苦しんでいる人の情報を見すぎて余計に不安が増えるよりも、自分をもっと客観的に見て判断してくれる存在が必要なんだそうです。

当事者じゃない私ができること

客観的に見る。

私ができることってこれしかない。私自身が苦しいわけではないけど、ふーさんがどれだけ苦しい思いをしているのかは見てきたつもりです。

救急外来の待合室これまでいったい何回救急車で運ばれたことだろう。夜間病院にお世話になったことだろう。

 

というわけで、これからはふーさん視点ではなく「ふーさんを見てきた私視点」で感じたことや気づいたことを意識して書いていこうと思います。(あくまでも私はです。ふーさんはこれまで通りに自分の思ってることや、体験談、HOWTO等を書いていくと思います)

どうしたら症状が悪くなったり、逆に良くなったり、どういうことが気になったりしているのか。そして、ふーさんの症状が悪化したときにふーさんの元を離れたとき、私が思っていたことなども正直に書いていきます。

今苦しい中で必死に病気と戦っている人にとっては、時には私の視点が冷たく感じるかもしれません。仲良かった人が離れていったという辛い過去を思い出してしまうかもしれません。

でも、それも踏まえて私が言えることをみなさんに正直にお伝えしていくことで、もしかしたら病気で苦しんでいる当事者の方だけじゃなくて、そばにいる家族や友達の方にもなにか気づきになるんじゃないかと思っています。(おこがましいですが)

倉庫でスケボーをするふーさん体調悪くても夢中になって動ける瞬間だってある。苦しい時間ばっかりじゃない。

医療の問題についても発信したい

そして、このブログでは日本の医療について思うことを発信していきます。

「どうしてこんなにもメンタル疾患の人が増えたんだろう。病院に通っているのにどうして何年経っても良くならないんだろう。なんで私の親友は死を選ばなくてはいけなかったんだろう。」と、私の中でたくさんの疑問があります。

転んで怪我して血が出る。こういう外科的なものなら治療されてる様子もわかるし、治っていく経過も目で見てわかりやすい。

でも心の病気は見えない。薬が効いてるのか、薬のせいで悪くなったのか、そもそも診断された病名であってるのか、すごくわかりにくい。なのにお決まりのようにたくさんの向精神薬が処方されてます。そして苦しんでいる人がたくさんいます。

私は医療というものが小さい頃から身近にある環境で育ってきました。
ある意味、身内批判にもなるようなことですが、医療従事者だからこそ見えるものがあるはずです。

メンタル疾患における日本の医療問題にも取り組んでいく予定です。

パニック障害で苦しむ人を減らしたい

長くなりましたが最後に。

私はパニック発作を起こしたことはないし、薬の副作用で苦しんだこともないし、いろんな症状の辛さも実際に経験していないのでわかりません。なので、病気をわかった風に書くこともできません。

でも私がいつも思ってることは、「体調が悪い人が救われる世の中になってほしい」です。

辛い症状がゆえにこれまで通りのことができなくなって、家族や友達との関係が悪化している人も多いと思います。そうならないためにも、パニック障害や薬による弊害について多くの人に知ってもらって、安心して治すことができる世の中になることを願いながら、今の自分にできることをやっていきます。

笑顔で過ごせる時間が増えますように。

太宰府天満宮とお守りこのブログを読んでくださっているみなさんが健康になるように福岡の太宰府天満宮でお参り。きっとご利益あるはずっ!

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
この記事が参考になったら↑↑応援のクリックお願いします
ABOUT ME
まーさん
福岡県田舎在住の自由人 ふーくんと猫をこよなく愛し、家業を手伝いながら気ままに生きています。実は私自身が難病患者です。 全国規模のTVに出演経験有りの地元じゃ有名人 胸は無いけどハートはボイン女子

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA