親友との想い出

パニック障害という共通点がある親友Mとふーさんが大好きです

「親友との想い出シリーズ」について

ここでは、私と親友Mとの回顧録や彼女がどうパニック障害と闘っていたのか、そして彼女を救えなかったこと等を記録しています。彼女が私に残してくれたモノを忘れないため、これからの人生に活かしていくための想い出シリーズ。私自身への叱咤激励のような内容となりますことをご了承ください。

自分の人生にもっとも影響を与えた人物とは?と聞かれたら迷わず

「親友Mとふーさん」と答えます。

それくらい私にとって特別な存在の2人です。この2人は直接会ったことがないのですが、2人の思考や発言、人との接し方、私へかけてくる言葉が驚くほどに似ています。2人がいつも私の背筋を伸ばしてくれる、今回はそんな話です。

親友Mとふーさんの共通点

この2人の共通点はパニック障害ということ、そして「人間としての芯がある」というところです。

Mとふーさんは、いつもどんなときでも自分のやりたいことやすべきこと、思っていることをハッキリと持っていました。

他人からどう思われるかが基準じゃない。自分がどう思うかが大切。人の顔色をうかがいながら、愛嬌とその場のノリだけで生きてきた優柔不断で八方美人の私とは真逆です。

止まることなく頑張りすぎて生きてきて、その結果パニック障害という病気を引いてしまって、それでも逃げずに立ち向かう。自分が正しいと思うことをとことんまで突き詰めて、それを実行するエネルギーを持ち合わせた2人は、生き方が似ています。思考が似ていると行動も似てくるんですよね。

Mから学んだ「自分に正直」ということ

高校で出会って長い時間一緒にいたMは、いつも私のあこがれの存在でした。

好き嫌いがハッキリしていて、自分の意見をしっかり持っていて、GOING MYWAY。

そしてその根本にはいつも「人間としての正しさ」というものがあったように思います。バカ正直でどんな人にも平等に接する。言われて嫌だろうこともズバッと発言するせいで、時には誤解されることも多かったけど、それでも曖昧なことを言ってごまかさない。

嫌われたらそれでいい、と思える人。ストレートな生き様でした。

親友Mと放課後マックでのひとこま学校帰りにいつも寄ってたマック。私達の地元では、当時のマックは女子高生のたまり場でした(笑)Mは私服に着替えてこのあとバイト、私はこのままマックでダラダラ。

 

私が曖昧な反応をしたときには「あんた、テキトーなこと言いよろ?(福岡弁)」と突っ込まれたこと数え切れず。

ワガママな人のように聞こえるかもしれませんが、実際は誰よりも周りのことを考えて、気遣って、相手にとって必要なアドバイスを的確に言ってくれるような人。情にももろくて、頼まれたら嫌と言えない。こどもが大好きで童心に戻って子どもたちの心をぐっと掴む。

そんな親友Mでした。

ふーさんから学んだ「真剣に生きなさい」

ふーさんも自分に正直な人です。

病気になってからはとくに、いつ死ぬかもしれない人生を一分一秒真剣に生きています。(たとえ体がきつくて布団に入ったままゲームをするときでも、やるからには全力でゲームしてます笑)

ふーさんとまーさんの昔の写真1998年の冬。私とふーさんが偶然にもちょうど同じ頃にそれぞれ撮ってた写真(私17才、ふーさん23才)。この頃のふーさんは怖いもの知らずのヤンチャ盛りだったそうです。私達が出会うのはこの12年後。

 

なのに私といえば、そんなふーさんとは真逆で(私は常にふーさんとMの真逆w)、ゲームするにも自分のできる範囲内でしかやらないし、全然先に進まない。チャレンジもしなけりゃ調べようともしない。そんな感じです。

常に「安全なエリアからできる範囲」でしか取り組まない私に対して、ふーさんは常に「真剣に取り組め」と叱咤激励してくれます。

2人からの共通アドバイス

親友Mとふーさん。育った環境も性別も違うけど、マインドがものすごく似てる。2人が私に言ってくれた言葉は

「しっかりしなきゃダメだよ」
「もっと他人のことを考えないと」
「会話がまとまってないから考えて話しなさい」

そして「明るい色の服を着なさい」

こんなところまで共通してる(笑)

親友Mが亡くなったあとを引き継ぐように、今は同じことをふーさんに言われています。

私みたいな中途半端にふんわり生きてきた人間にとって、こんな強くて賢くて人間力のある人はただただ憧れ。そんな人間に私もなりたい。

いつまでも心にいる人

親友Mと会えなくなってから7年以上経つけれど、今でも「こんな時、Mだったらこう言うだろうなぁっ」って想像できます。最期の頃は闘病で普通に話もできないくらいになってたけど、私だけじゃなくMを知っている友達みんなの心にMのマインドが染み込んでいます。

会えなくてもいまでも語りかけてくれる。私の親友Mもふーさんも、他者の心に残る人です。

そうなってるのはひとえに「正直に他者と向き合ってるから」だと思います。

私は自分に自信がなくて、自信を持つための努力もしてなくて、だから人に対してその場しのぎの曖昧な対応しかできません。本を読んだりネットで調べて得た浅い知識しか武器がない。

でも、いつも真剣に生きてるMやふーさんは人とぶつかるからたくさんの経験を得ている。そこから学んで次に活かしている。その繰り返しをすることで人間としての深みがどんどんと増していたんだと思います(私の勝手な推測ですが)。

いつも一歩先を生きていたMへ

今日はMの誕生日です。生きていたら42歳。

誰よりも早く年をとる4月生まれ。高校3年の時も誰よりも早く18才になって、誰よりも早く車の免許を取ってました。よく学校をサボって制服着たままドライブに行ってたけど、運転が下手だったから助手席に乗るのがいつも怖かったな(笑)

校則破って誰よりも早くバイトを始めて自分で稼いで、誰よりも早く結婚して出産して、離れた土地に引っ越して子育てして、産後うつで離婚して、子供連れて地元に戻ってきて、ひとり親で子育て奮闘してたM。

薬のせいで細かい作業ができなくなってた時の話。Mの息子が小学校入学する時に持ち物全てに名前を書かなきゃいけなかったけど、Mはその作業ができませんでした。

入学直前にヘルプ要請がきて、Mと息子と一緒にコタツに入りながら算数セットに入っているサイコロやおはじき、かぞえ棒とかに油性ペンで名前を書いたなぁ。

世の中にまだパニック障害の情報が少ない頃から、いろんなブログを探して、治し方を模索してひとり必死に生きていた彼女。薬の副作用で精神不安定になって、理解者がいない中ひとりなんとしても生きようとしてた彼女。最後の最後まで息子の幸せを願っていた彼女。

いつも先をいくM。

ときどきふと、親友Mが「あんたにはこういう人が必要なんだよ」ってふーさんと出会わせてくれたのかなぁと感じることがあります。うん、間違いない。厳しさと優しさと人間らしさのあふれるMとふーさんが大好きです。

まだまだMみたいに人の心に残るような自分ではないけれど、まだまだ追いつけもしないけれど、先を生き急いだMに追いつけ追い越せが目標です。(たぶんあんな魅力的な人になるのは無理だけどw)

のろまでどんくさい私は、残りの人生を駆け足で走って生きようと思います。

Mが乗り移ってるかのようなことをちょいちょい言ってくるふーさんと一緒に、彼女がいまでも私に話しかけてくれる言葉を噛み締める一日を過ごそうと思います。

*ーーー*ーーー*ーーー*

※Mのご家族の了解の元、Mが受けていた治療内容やどういう風に過ごしていたかなども書いていく予定です。まだまだ苦しみを抱えている中、私の考えに理解を示して快く了承してくださったご家族に心からの感謝を込めて。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
この記事が参考になったら↑↑応援のクリックお願いします
ABOUT ME
まーさん
福岡県田舎在住の自由人 ふーくんと猫をこよなく愛し、家業を手伝いながら気ままに生きています。実は私自身が難病患者です。 全国規模のTVに出演経験有りの地元じゃ有名人 胸は無いけどハートはボイン女子

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA